ホタテ 産地直送 卸

浜益町のホタテ

浜益町は、ニシン漁が盛んな町でしたが、最近ではタコとホタテ漁が盛んになっています。 そんな中で漁獲量を増やしているホタテ漁は、浜益町の名物となっており、養殖にて育てられています北海道の日本海側、札幌から北に向かった石狩湾に面した「浜益町」では、年間を通して潮の流れが早く、 ホタテの養殖を開始した当初は、その潮の流れの影響で養殖設備の破損などが度々ありました

地区を代表する特産品

この浜益町の海は「豊富なプランクトン」を含んでおりますので、貝の成長に適しているため「養殖設備の進歩・改良」と「漁師たちの努力」により、 この海に適した養殖法が開発され浜益産ホタテは、地区を代表する特産品となっています。 浜益産のホタテは、他の産地と比較して、貝柱が締まっている為、上質な甘みが特徴的でお刺身に適しているホタテとなっております

猿払村のホタテ

肉厚ホタテの代表格でもある猿払村のホタテは、北海道内でも特に水温の低い海で育っているため、 甘みが強く貝も貝柱も大ぶりで肉厚なのが特徴となっています。 5年という歳月をかけて育てられた「5年貝」は、他地域で水揚げされたホタテよりも一回り以上大きいのが特徴となっています海産物のデパートとして有名なオホーツク海の北側に位置する猿払村は、ホタテの水揚げ高が一番で名産地として全国的に知られていますが、 大きいだけではなく、甘みが強く歯触りが良い貝柱が特徴となっています

例えるならば地鶏を食べたときのようなプリっと食感

猿払のホタテは、冬の北海道の代名詞となっている流氷と共にやってきた大量のプランクトンを食べて育っているため、 細部にまで栄養が行き渡った質のよい貝柱が特徴的なホタテになっています。 その為、しっかりとした貝柱はとてもジューシーで、例えるとしたら地鶏を食べたときのようなプリッとした繊維質な食感、そして、ミネラル分をたっぷり含んだ濃厚な味わいが楽しめるホタテとなっております
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE