ホタテ 猿払

猿払村を救ったホタテ漁

その昔、ニシンが大量に水揚げされて賑わった北海道の漁業だが、いつしかニシンが消えて不漁のどん底の時代があった。 そんな北海道漁業を救ったと言われているホタテ漁は、漁業に携わる漁師の熱意と努力の結晶が過疎の村を救ったとされている。 海へ出て、神任せの運任せの漁から、育てて獲るホタテ漁に転換した村が大成功した話をしたいと思います

3つの海に囲まれた世界有数の漁場

北海道のイメージと言えば、サケとカニと答える方が多いのではないでしょうか? 忘れてはいけない漁獲量日本一の貝ホタテも北海道を代表する水産物なのです。 北海道は、その地形から周囲が3つの海に囲まれていて世界有数の漁場のひとつといわれています

ホタテは重要な水産資源

1987年の総漁獲量は約305万トン、金額では約3636億円を超えています。 魚種別でもっとも水揚げ金額の多い魚介類は、サケで8万トン約583億円。 第2位がホタテの22万トン535億円なのです。 以下、タラやイカ、コンブとありますが、北海道の漁師にとって、第2位の漁獲量を誇るホタテがいかに重要な水産資源であるかが見て取れます

道内ほとんどの浜でホタテの養殖を実施

現在では、ホタテの養殖漁業は北海道のほとんどの浜で実施されており、なかでも盛んで有名なのはサロマ湖を漁場とする北見、網走地方と、札幌から南下した噴火湾を漁場にしている漁村となっています。 全国のホタテ水揚げ量は約30万トンとなっていて、水揚げに占める割合が74%は北海道となっているのです。 ホタテが北海道で多く水揚げされている地域は、北見、網走地方の常呂漁協の2万トン、水揚げ金額は73億円となり、 猿払村漁協は3万トンも水揚げされているのです。ホタテの町として、猿払村のホタテ漁は活況となっているのです

ホタテの町 猿払村

その猿払村は最北端の稚内市から58キロ、北海道の人口が多く集まる札幌市からは370キロも離れた場所にあり、 オホーツク海側の北の端の方角にある小さな村です。猿払村の人口は約2700人、約900世帯となっています。 猿払村の面積は588平方キロあり、村としては日本一広い面積の村となっています。 村を支えている産業は、酪農と漁業に従事している村民が多いのですが、ホタテの増殖事業に成功したこともあり、 今では村を支えているホタテ漁で傾いた財政はよみがえり、この小さな村の名が全国に知られるようになったのです

ホタテ漁で村民の減少が穏やかに

ホタテ漁が盛んになる前まで、働く場所が少なく人口減少が続いていたのですが、 猿払村がホタテの町として再建した後は、人口が止まり人口減少の心配も無くなりました。 それは、ホタテの水揚げが本格化して村や漁家の経済が向上したため、若者をはじめ村人たちのUターン現象につながったのです
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE