ホタテ 噴火湾

ホタテ 噴火湾

北海道の南西部に位置する噴火湾。菱形の北海道のちょうど左下あたりです。周りを室蘭、長万部、森町にまたがる駒ヶ岳などと8の市町村に面している噴火湾ではホタテの養殖が盛んに行われています。主な産業は水産業で、中でもホタテは一番の水揚げ高を誇っています

恵まれた気候風土と鮮度抜群のホタテ

有珠山や駒ヶ岳など多くの火山に囲まれていることから「噴火湾」と名付けられたそうです。別名、内浦湾(うちうらわん)とか胆振湾(いぶりわん)とも呼ばれていますそんな雄大な大自然に囲まれた噴火湾では、恵まれた気候風土によって鮮度抜群のホタテが水揚げされています。 しかも!この噴火湾はホタテの養殖の発祥地でもあるのです

ホタテ 噴火湾の養殖方法

噴火湾では「耳吊り」と呼ばれる方法で養殖を行っています。この方法は砂かみがないので砂出しをする必要がなく扱いやすいことが特徴的です。そのためホタテの貝をあけたときの色みがとてもきれいなのです

耳吊りというのは

稚貝の耳に、専用の電動ドリルを使って小さな穴をあけます。 この穴に、縫い針穴に糸を通すような感覚で、ヒモを通し稚貝をつなげていきます。この細かい作業も慣れるまでは本当に大変な作業なのですが、慣れてしまえばもう簡単。するするするする手早くできちゃいます。 この作業を「耳吊り」と言います

耳吊りが完了したら船で海へ出て、ホタテを設置するロープに先程耳吊りしたヒモを結ぶだけです。そしてロープを海中に下げ、ここから3年間、じっとホタテの成長を見守ります。こうした耳吊り体験を行っているところが噴火湾近辺にはあります。地元の学生たちが研修の一環として体験したり、観光旅行客様が旅の思い出にと体験されたりと、賑わっています

ホタテ 噴火湾では3年貝をオススメ

ホタテ貝は大きいもので4年貝、5年貝というものもあるのですが身の締まりがしっかりしていて、ホタテの自然の甘みが最高な3年貝をオススメしています
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE