ホタテ 常呂

常呂のおいしいホタテを食べてみませんか

常呂と書いて「ところ」と読む。北海道の東側に位置する常呂町。道外の方にはあまり地名を言ってもパッとわかる人も多くはないでしょう。わかりやすくいえば、ちょうどオホーツク海に面していることでしょうかね

北海道の東側に位置する常呂町

常呂町では、年間約4万トンものホタテの水揚げが行われています。これだけたくさんのホタテが水揚げされているからか、ちまたで常呂は”ホタテ王国”なんて言われていたりもしますサロマ湖とオホーツク海で大切に育てられるホタテは、グリコーゲンを豊富に含み最高品質のホタテとして知れわたり、世界中に輸出もされています

ホタテの養殖技術発祥の地

そんな常呂町ではホタテをメインにホッカイシマエビやウニ、鮭やカキなど様々な数産物の水揚げも行われています そんなホタテ王国常呂では、戦前からホタテの養殖技術の研究を長いこと重ねていたこともあり、今ではホタテの養殖技術発祥の地としても有名ですちなみにですが常呂町では長い研究期間の末、遂に昭和60年代にホタテの水揚げ量日本一を成し遂げることができました。おかげでホタテの生産基地としての役割も担っています

常呂にはおいしいホタテがた~くさん

なんで常呂のホタテはこんなにおいしいのだろう? それはやはり水温の低さとプランクトンが豊富にいる海のおかげではないでしょうかね。やはり海の生き物は水温が低いほうが身がギュッと引き締まりおいしくなってくれます。そのため、おいしいホタテのポイントはいかに水温の低いところにいるホタテなのかが最大のポイントといっても過言ではありません。やはり魚介類はなんでもそうですが、しっかり身を引き締めているモノもほうが断然おいしいですからね しかも常呂は、長年の養殖技術の研究により、より多くの、そしてよりおいしいホタテをつくるために様々な研究をしていることもあり他産地には負けないほどの旨味たっぷりのホタテを全国の皆様にお届けしています

常呂には通称ホタテタワーなるものがある

ホタテタワー?なんだそれ?と、常呂町意外の人にはよく言われるそうです。それは常呂町の東側の裏山にあるのですが、裏山の山頂にある高さ30メートルの巨大なタワーなのです
本当は常呂町の開拓100年を記念して作られたそうなのですが、そのタワーの上にあるモノが、どう見てもホタテにしか見えないということから通称”ホタテタワー”と呼ばれるようになったそうです。そのホタテに見えるモノも、本当は鳥が羽ばたく姿をイメージして作ったものだそうです
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE