ホタテ サロマ湖

ホタテ水揚げ日本一のサロマのホタテは、オホーツク海のミネラルたっぷりな海水で育てている為か、 平均的に貝柱が大きく育っていて食べ応えがあります。 また大きさだけではなく、日本一にふさわしいプリップリの食感が特徴的で、 旨みと甘み、そして食感までを兼ね備えた自然の恵みは、まさに海の宝石箱のようです

ホタテの水揚げ日本一のサロマ湖

サロマ湖のあるオホーツク海は水温が低いため、ホタテが旨みを封じこめているから美味しく育つと言われる方も多いようです。 冷たい海水でじっくり時間をかけて育ち、旨みが締まった貝柱の繊維の強さはサロマ湖産でしか獲れないかもしれません。 それは貝柱を見ただけでわかるほど、プリップリッしています。さらに触ってみると、その弾力の違いに驚くはずですよ。 そのまま、お刺身として食べると、さっぱりとした中に味わいが深いことが自然と感じれますので、リピーターさんが多いのもうなずけます。 貝柱の絶妙な食感と、締まった身から溢れてくる優しい上品な甘さをしっかりとご堪能してみてください

北海道最大のサロマ湖

サロマ湖の面積は、北海道内で最も大きな湖です。 日本国内で考えても、滋賀県の琵琶湖、茨城県の霞ヶ浦に次いで日本で3番目に大きく、 淡水中に海水が侵入している湖の汽水湖として日本最大の大きさとなっていますホタテ養殖の発祥地はサロマ湖です。 昭和6年、サロマ湖内でホタテ稚貝の発生が確認されて、外海からの湖内来遊(鮭・鱒・鰊・サンマ・など)も大幅に増えて浜は活気を呈していました

昭和9年に試験研究が開始されました

昭和9年、サロマ湖内でのホタテ養殖について、試験研究が開始され、サロマ漁業の若者らも試験研究に努力し可能性が立証され、 その後戦中戦後の時代が経過し、昭和27年、佐呂間・湧別・常呂の3漁協が出資して「サロマ湖養殖漁業協同組合」を設立したのです昭和40年代に入り、ホタテ養殖が本格的におこなわれ、サロマ湖内の水質改善と特にサロマ湖東部の環流不足を改善するため、 昭和48年に国の事業で第二の湖口を開削する工事が着工されました。 昭和54年、7年越しの工事が完了したことで、サロマ湖のホタテ養殖漁業も確立され水揚げ量が増えたのです
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE