ホタテ 留萌

ホタテ稚貝の産地 留萌

留萌はホタテの稚貝の産地としての役目を担っています。 留萌の海で一年間育てられた稚貝を3月から5月の春の時期に、 北海道の中でも水揚げ量が豊富なオホーツク海の漁業協同組合に出荷して、 3年~4年貝へと育てられているのです

稚貝生産量は道内有数

ホタテ王国北海道の中でも、留萌のホタテ稚貝生産量は道内有数となっています。 成長した3年貝~4年貝がクローズアップされがちで、留萌のホタテ稚貝は目立たない存在ですが、 ホタテの稚貝を育てている留萌の漁師がいるからこそ、全国に流通しているホタテの70%が北海道産になっているのです

ホタテを水揚げする漁から育てる漁へ

留萌の名産、ホタテ稚貝!ホタテの有名な産地はサロマ湖周辺と猿払など、オホーツク海が中心となっています。 そして、留萌で有名な水産品はニシンや鮭がメインと思っている方が多いでしょう。 しかし、留萌で多く水揚げされているのは、ホタテの稚貝となっていて現在留萌管内ではホタテの稚貝の養殖が盛んで、 オホーツク海の有名産地に出荷されているのですが、どうして留萌で3年、4年貝へ育てないのかをご説明していきます

地まき養殖という漁法

それは漁の方法が違うというところが大きく、オホーツク海のホタテは、養殖されているものが多い。 ホタテの稚貝を放流し、3~4年後に育った貝を引き上げ、地まき養殖という漁法を行っている為、稚貝を留萌管内の町村から入荷し、利用しているのである。 ここで、他のホタテの産地でもある、内浦湾の沿岸には、ホタテの稚貝が出荷されていないのです。不思議でしょ

地域の特色を生かした水産業

わかりやすく話すと、地域の特色を生かした水産業となっているということです。 内浦湾でもホタテの養殖が行われていますが、オホーツク沿岸とは養殖方法が異なり、 栽苗から出荷まで、海中に張ったロープにつるして養殖をする垂下養殖という方法をとっています。 垂下養殖は海中で育て、地まき養殖は海底で育てますので、稚貝から育てるということをしないのです。 オホーツク海のホタテに欠かすことのできない留萌のホタテ稚貝漁は、ホタテの安定供給の為に必要なんですね
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE