ニシン 卸

北海道経済を支えたニシン漁

冷たい水を好む回遊魚で細長い形をしている。体長は30から35センチほど。 背側は青黒色、腹側は銀白色のシンプルな見た目をしています。 日本付近では春に産卵のため北海道沿岸に現れる。 生息域は広い魚だが、泳いでいる範囲としては狭い。決まった湾内などを生息域とする地域性の群れを作るグループと、 広範囲の海を泳ぎ回るグループがそれぞれ存在している魚である
ニシンの生息地は、石狩湾、能取湖、厚岸湖を主な産卵場とするタイプのニシンと、 回遊しているニシンに分けられ、北海道からサハリンに生息しているタイプ、 オホーツク海沿岸に産卵するタイプのニシン、 カムチャッカ半島に産卵するタイプのニシンが存在しています
札幌からほど近い石狩湾系のニシン 石狩湾を中心とした沿岸で生まれそだったニシンは、石狩湾内を回遊し成長する地域性のニシンです。 広範囲に回遊するニシンと比較し、成長が早く2歳くらいで成熟し産卵のため岸寄りする。 このため余計な脂肪分がすくないのが特徴となっています。 漁獲量は年間約200トン前後と、現在ニシンの資源量は少ないと言われております

100%無駄の無いニシン

ニシンは100%加工され利用されています。 身、身欠ニシン、糠ニシンに加工されます。タマゴ、塩数の子、味付数の子に加工されています。白子、プロタミンという成分を抽出して、保存料として使われています。 内臓、有機肥料に加工されています。 頭、尾びれ、乾燥して肥料として再利用されています
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE