虎杖浜 たらこ

虎杖浜は全国的に有名な温泉地「登別温泉」とホッキの名産地「苫小牧市」の間にある白老町内の地名です。 北海道の噴火湾と呼ばれている海は水産物の宝庫で、その中でも特に有名なのが「タラコ」です

タラコの名産地 虎杖浜たらこ

虎杖浜では、毎年10月から翌年2月頃にかけて水揚げされているスケソウダラの卵巣を塩漬け加工した純国産品のタラコを出荷することで有名です

海外のタラコの場合

一般的に流通しているタラコは、アメリカなど海外で水揚げされた大型のタラのモノが多く、タラを採卵し冷凍したものを日本国内で解凍のうえ塩漬け加工しているのが通常となっています

国内産のタラコの場合

塩漬け加工の工程前に冷凍し解凍する流れが無いため、タラコ本来の旨味が生かされ深い味わいが特徴となっているばかりか、特に虎杖浜産の「虎杖浜たらこ」は品質が良くて、地域ブランド化(地域団体商標登録)された水産加工品として流通しています

虎杖浜の歴史

究極のたらこと呼ばれる虎杖浜産のタラコを作る男達には拘りがあります。長年にわたり、厳しい資源管理を続けて作り続けた虎杖浜のスケソウダラ漁は、虎杖浜の特徴でもある温泉との関係もあります

ミネラル豊富な温泉成分の甲斐あってこそのプチプチッ食感

虎杖浜の海に流れ込む、ミネラルたっぷりの温泉成分の中で育ったスケソウダラの卵は、 虎杖浜産 でしか味わえないプチプチっとした食感がとても美味しいです

アイヌ人が愛した土地、白老町虎杖浜

数百年前からアイヌの人々が愛した土地、白老町の虎杖浜のある白老町は、アイヌ語「シラウオイ」から変化した呼び名で「虹の多い処」という意味なのです雨上がりにしばしば虹が見える白老の海はとても綺麗で、虎杖浜はアヨロ海岸と呼ばれていました
最新情報をチェックしよう!

    たらこ 卸の最新記事

    NO IMAGE