クロソイ 卸

札幌 クロソイ仕入

北海道の鯛と呼ばれるクロソイ

ソイは岩場や岩礁域に生息しているカサゴ科メバル属の一種です。メバルと呼ばれているものに比べ、つぶらな目が特徴的で小さく、体の色が黒っぽいものが多い。一般にソイと呼ばれているものにはクロソイ、キツネメバル、シマソイなどがいますが、クロソイは鯛が水揚げされない北海道では「北海道の鯛」と呼ばれて人気となっています。

クロソイは釣り人のターゲット

クロソイ
北海道内の港には、早朝から釣り人が訪れる。そのなかで、テトラポットの隙間に糸を垂らして釣りをするベテランの釣り人のターゲットはクロソイだ。クロソイ釣りは、大物根魚釣りといわれ、春先には大型がヒットすることもあり釣り人を楽しませてくれる。
見た目と違いクロソイは臆病な魚で、あんまり泳ぎ回り捕食をしない。自分の近くをエサが通過するときに捕食するタイプの魚だから、 ベテランの釣り人は、テトラの隙間を狙って釣りをしているようだ。

クロソイを中心に漁をする漁師は…

価格が高く、人気のあるクロソイだが、漁師の間でクロソイ漁というものはありません。 それには理由があり、ソイは岩場や磯に隠れて生息している為、刺網や定置網、底曳網のような網で捕獲する漁が通用しない。 その為、他の魚の漁をしていて、偶然網に入ってきたものが市場に流通するといった具合だ。 大型のものだと、40-50センチぐらいまで成長する。
クロソイが生息している地域は、日高方面の噴火湾や日本海側の水深100M以内の場所に生息している。 噴火湾の方面では、室蘭のグルメとして、室蘭焼鳥、室蘭カレーラーメン、そしてクロソイを室蘭グルメとして紹介している。 室蘭という町は、噴火湾と太平洋という豊かな漁場があり、北海道胆振地区で最大の漁獲量を誇っている。 その中において、紹介されるクロソイは室蘭の代表的な魚となっている。

クロソイの食べ方

クロソイの食べ方で、もっとも多いのが煮つけで、クセのない白身魚として、煮つけにすると味が入りやすくとても美味しい。 味は美味しいが、欠点として鮮度が落ちやすい為、北海道で水揚げされたクロソイは北海道内で流通されるケースが多い。 市場での入荷量が少なく、価格は少し高めとなっている。

クロソイの調理法

クロソイの煮付けの作り方
ソイからダシが出ますので、薄味で調理してください。
クロソイの鱗をとって頭を切り落してください。
腹に包丁を入れ内臓を出して身を洗い2枚に下ろし、使用する鍋のサイズに合わせて切ってください。
クロソイの身が傷つかないようにするため、重ならないように鍋に入れてください。
水、醤油、日本酒、砂糖など、煮汁の材料を入れて煮立たせ、クロソイを丁寧に煮込んでください。
軽めの落し蓋をするとよいでしょう。弱火でソイに火が通るまで煮て完成です。
クロソイ鍋の作り方
ソイからダシが出ますので、薄味で調理してください。
クロソイの鱗をとって頭を切り落してください。
腹に包丁を入れ内臓を出して身を洗い2枚に下ろし、使用する鍋のサイズに合わせて切ってください。
クロソイの身が傷つかないようにするため、重ならないように鍋に入れてください。
水、醤油、日本酒、砂糖など、煮汁の材料を入れて煮立たせ、クロソイを丁寧に煮込んでください。
軽めの落し蓋をするとよいでしょう。弱火でソイに火が通るまで煮て完成です。
最新情報をチェックしよう!

ソイ 卸の最新記事

NO IMAGE