ゴジラエビ 卸

北海道の春 ゴジラエビ

ゴジラのようにトゲがあるエビ、見た目と違って味にはトゲがないゴジラエビ、 本名はイバラモエビというエビだが、食べると身が締まっていて甘みがあり美味く、 ボタンエビに似た味がするけど、ボタンエビより身がしっかりしている見た目は、ゴジラのようにトゲがあってゴジラっぽい(笑)このゴジラエビ、 漁獲量が少なくて、市場に流通されるのは少なく ほとんどが漁師町にて、 消費されています。味が美味いけど評価が低いのは殻が固くて、 殻を外しにくいってことで、市場に出回るのが少ないのかもしれません

ゴジラエビは人気の味わい

漁師の話を聞くと、刺身で食べるならボタンエビより美味いと言われています。 また、炭火焼をすると旨みが増して甘みが一層引き立ちますので、 春のエビ漁では、ゴジラエビは人気の味わいとなっています

見た目は、トゲトゲしていてコワモテだけど、味は優しい甘み。人間もそうですよね。 おっかない顔をしている人とか、いつも怒っている人の方が、実は優しかったり(笑)

入荷量が少ない高級エビのゴジラエビ

流通量が少ないと言う事は、スーパーマーケットや飲食店でも、限られたお店にしか入荷されていないようです。飲食店では、付加価値を付けれる商品として人気がありますが、水揚げ量が少ないのが希少価値を高めているようです

戦国武将のような兜をかぶったゴジラエビ

勇ましい兜を身にまとったゴジラエビは、他のエビに比べても殻が厚くて硬い。 しかしながら、その殻を剥いてみるとボタンエビに似ているが、ひと回り太いしっかりとした身はボタンエビ以上ともいえる。 さっそく身を口に運んでみたら、最高の食感と濃いエビの風味が口の中に広がった。これはエビの王様として相応しい
最新情報をチェックしよう!

    エビ 卸の最新記事

    NO IMAGE