シマゾイ 卸

シマゾイは、北海道や、福島以北の太平洋沿岸、日本海沿岸に生息する魚です。卸でもよく扱われる、メバルやクロソイ、メヌケなどと近い種類になります。別名で呼ばれることもあり、地域によって、キゾイやムラゾイ、シマハチメなどという呼び名があります。そんないくつもの呼び名をもつ「シマゾイ」についてご紹介いたします!シマゾイの卸会社をお探しの方は参考にしていただければ幸いです

卸のプロの間では“根魚”と言われるシマゾイ

シマゾイは、浅瀬から水深100mくらいまでの岩礁に住んでおり、岩場などの「根」と言われる、岩の間や海藻などの間に潜んで暮らしています。そのため、卸などのプロの間では「根魚」と呼ばれています。堤防や磯などからも釣ることができるため、シマゾイは釣りをする人には、比較的馴染みのある魚でもあります。スーパーなど、一般の小売店に出回ることはあまり多くない魚で、一般的にはさほど知られていない魚ではありますが、卸の間ではとても認知度が高く、同じ根魚の中でも比較的評価の高い魚のひとつでもあります

シマゾイの特徴

シマゾイの外見の特徴は、その魚体の鮮やかな色合いにあります。全体に黄色っぽい色をしており、くっきりとした白い縞模様があります。卸で扱われるものは、体長は25センチ程度から、最大で35センチほどまでです。シマゾイの旬は秋から冬で、冬場から春にかけて、まとまって市場に入荷してくることが多い魚です。漁獲方法は、おもに釣りや刺し網漁などで、傷などの少ない、きれいな状態で水揚げされます。現在は、水揚げの多い北海道や東北、日本海沿岸の市場だけでなく、関東や関西の市場でも、卸から購入することができるようになりました。シマゾイの卸での価格は、同じ根魚のカサゴやクロソイなどに比べるととても安価で、飲食店でも取り扱いしやすい価格なのが嬉しいところです

手頃な卸価格のシマゾイ

シマゾイの上手な選び方は、黄色みがかった独特の体の色が濃く、白い縞模様がくっきりとしていて、目の澄んだものを選ぶのがコツです。また、触ってしっかりと身に張りのあるものを選ぶのも重要で、腹がやわらかいものはよくありません。シマゾイを購入するのなら、魚のプロでもある、卸ならではの鋭い目利きにお任せください

安価な割に、上品な味わいのシマゾイ

シマゾイはカサゴやクロソイなどに比べると、比較的安く手に入りますが、卸での実際の購入価格を考えると、安価な割にはとても上品な味わいの白身魚だといえます。クセやくさみのない美味しい白身魚でもあり、値ごろ感があるのが特徴です

原価を抑えたいランチにオススメ

シマゾイは卸でないと手に入りにくく、一般には珍しいので、お店のメニューに並んでも、お客様から注目されるのではないでしょうか。原価を抑えたいランチなどに使うのにも、手頃な卸価格がぴったりの魚です

ふわっと食感!活け締め処理

シマゾイの身は透き通ったきれいな白身で、血合いも美しく、しっかりと身が締まっているのが特徴です。皮目に旨味があり、熱を通すと、身がより引き締まります。ほどよく繊維質な身で、食感はふわっとしています。最近は関東などの卸にも、水揚げしてすぐに活け締めにしたものが出回るようになり、鮮度の良いものが手に入るようになりました

シマゾイの鮮度を活かした調理方法

卸で手に入れられる、シマゾイの新鮮さを活かすなら、なんといってもお刺身がおすすめです。皮に少し厚みがあるので、皮をガスバーナーなどで炙って切る、焼き霜造りや、皮目に熱湯をかけて皮霜造りにするなど、皮を生かしたお造りにするとさらに美味しくいただけます。シマゾイならではの旨味がのるので、特におすすめです。身に甘みがあり、皮自体の美味しさを味わうことができるのが良いところでしょう。シマゾイは内臓もきれいで、肝や胃なども美味なので、お刺身に添えて出してもいいかもしれません。卸でしか手に入らない、新鮮な味わいはきっとお客様に喜ばれることと思います

下ごしらえがしやすいのもポイント

卸で手に入れることのできるシマゾイは、うろこも柔らかくて、下ごしらえがしやすいのもいいところでしょう。骨は硬くなく、さばきやすいため、そのまま大胆に頭からぶつ切りにして使っても良いでしょう。頭や骨からも良いだしが出るので、さまざまな鍋物に使ったり、ブイヤベースなどにすると見栄えもよく、そのたっぷりとした旨味を楽しめます。また、少し豪華に、ぶつ切りにしたものを味噌汁や潮汁などにしても、美味しくいただくことができます
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE