北の海の幻の魚『ゴマゾイ』

ゴマゾイは水産卸の数ある魚種の中でも珍しい魚です。そもそもソイ類が少なく、欲しいと思ってもなかなか手に入らないもの。メバル属のゴマゾイは味もよく、見た目もキレイなのでソイ類の中では高級魚とされています

実は北海道では珍しくないソイ類

珍しいゴマゾイを手に入れるには北海道の水産卸で探すのが一番!ソイ類は北海道周辺に数多く生息しており、ソイ類の中でもさらに珍しいゴマゾイも北海道内で探せば手軽に手に入ります。各港に拠点があり、漁師さんたちと直接取引できる水産卸会社に依頼してみましょう。他では食べられない北海道の味を、ぜひ、お試しください

多種多様なメバル属

ソイはメバル属の仲間。メバル属には30種類以上の魚が属しており、ソイ類はその中のひとつ。北海道のソイ類には、クロソイ、マゾイ(キツネメバル、タヌキメバル)、ゴマゾイなど8種類があります。ずんぐりむっくりとした身体、大きな頭と大きな目、身体についてるトゲが特徴です。ソイ漁というものはなく、他の魚に混じって水揚げされます

メバル属の中でも見分けやすいゴマゾイ

似たような体型ばかりで見分けるのが難しいソイ類の中でも、ゴマゾイは名前の通り体に緑色〜白色の小さな斑点が無数についており見つけやすい魚です。
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE