昆布の等級とは

昆布には他の水産物などにもあるように、その品質を保証する「等級」があります。利尻昆布や真昆布といった種類や、それぞれの地域の浜で収穫されたものからさらに、昆布の長さや幅、重さ、厚み、色、形、傷、白粉、そして結束方法といった、北海道水産物検査協会が定める規格により、一等から六等までの等級が決められています

紐の色を見ればわかる!

昆布には等級を表す紐がかけられており、一等は青、二等は赤、三等は紫、四等は茶と、ひと目で分かるようになっています。この他に、加工用や傷といった規格もあり、とろろ用や佃煮用、一般消費用であればギフト用やだし昆布の袋詰用などの加工品に回されるものがあります。同じ産地の同じ浜のものでも、葉の大きさや成長度合い、厚みに違いがあるため、このような規格があります

等級だけに限らない、難しい昆布選びはぜひ卸へ

いくつかの産地ごとに分けられる、多様である昆布の種類や、その産地の数多くの浜でその品質の評判がわかれた上に、さらに細かな条件が左右する昆布の等級があるので、昆布は分類が細かく、わかりにくいかもしれません。また、そうして等級があったとはいえ、一等を選べば確実なのか、また、どれを選んでいいのかよくわからないとおっしゃる方も多いと思います。そんなときこそ、目利きのプロである卸にご相談ください。昆布は等級だけに限らず、さまざまな条件を合わせて考えたときに、出したいお料理に合うものが見つかります。長年に渡り知識を蓄積した卸であれば、こうしたご要望にもお応えすることが出来ます

昆布の等級に影響する結束方法

昆布の等級は、昆布を製品にするときの結束方法もそれを左右します。それぞれの等級を決定づける昆布の結束方法には、5種類の方法があります

元揃(もとぞろえ)昆布

長いまま根元を揃え、長い昆布の何か所かを昆布で作った縄で縛ったもののことをいいます。羅臼昆布は75センチ、真昆布は90センチの長さに折って結束します

長切(ながきり)昆布

75センチから105センチの、一定の長さに切りそろえて結束したもののこと

棒昆布

20センチから60センチの短い長さに切りそろえて結束したもの

折昆布

切らずに27センチから75センチの一定の長さに折りたたんで結束したもの
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE