オリジナル昆布醤油を考えている方へ!醤油用昆布は是非、卸問屋『進風』へお任せください!

他の飲食店との差別化を図りたい、さりげなくこだわりをアピールしたいという際には昆布醤油を採用するのも手ですよね。もちろん、我々卸問屋進風でも良質な昆布醤油を取扱っています。しかし、オーナー様は今、オリジナリティ溢れる醤油をご計画されているのでしょう。お任せください。私どもで、最高の醤油用昆布を取り揃えております。卸売業者は使わないとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、我社の強みとその利点をご紹介いたしますので、ご参考にしていただければなと思います

昆布醤油とは

醤油に出汁を溶け込ませた醤油で、出汁醤油という分類をされます。煮物やお浸し、そばや素麺のつゆ、うどんのだし等の幅広い用途に用いることができます。ただ、現在はお刺身やお寿司など海産品にかける用途として注目が集まっているようです

なぜオリジナル醤油が人気なの?

理由としてはやはり、テーブル等の目立つ場所に置けるということでしょうか。さりげなく、かつ大胆にこだわりを表現できることは大きなメリットです。昆布醤油という製品として卸売りもされていますが醤油用に適した昆布を選ぶことで簡単に作ることができます

そもそも醤油とは?

なんとなく一口に「醤油」と言っても実は5種に分類されています。濃口、薄口、たまり、白、再仕込みとあります。家庭で使用するものはほとんどが濃口醤油で稀に薄口醤油でしょうか。醤油用に適した昆布を選ぶ前に、それぞれの特徴を紹介します

濃口醤油

日本で生産されている醤油の8割を占めており、最も一般的な醤油です。卸売りから小売り店での流通まで最多の取引量がある醤油です。煮物や焼き物、たれや出汁用等の調理用調味料、つけ用、かけ用等の卓上調味料としてほぼ万能の醤油です

薄口醤油

塩分濃度が低いということではなく、色が淡いという理由でこう呼ばれています。濃口醤油より塩分濃度は約3%高い醤油です。色が薄く、濃口醤油と比較して風味も薄いので、魚介類や野菜等の素材の色や味を生かした料理に向いています。魚や野菜の煮物、うどんの出汁、炊き込みご飯等に向いている醤油です

たまり醤油

愛知県で発達した醤油で、ほぼ大豆のみで作られ完成まで1年を要します。旨味成分が多く、とろりと濃厚で香りが強い醤油です。用途に制限はありませんが、熱を入れることにより赤く発色する特徴があります。このことから、煎餅やあられ、照り焼き、うなぎのかば焼き等に用いられることに向いています。流通量が少ないので卸売業者から仕入れることをおすすめいたします

白醤油

醤油は原材料の半分以上が大豆で作られていますが、白醤油は小麦がそのほとんどを占めており、大豆はごくわずかしか使用せず作られています。薄口醤油よりも色が淡く、ビールのような色をしています。塩分濃度は薄口醤油とあまり変わりませんが、糖分が14%と高くなっています。用途も薄口醤油と似ていますが、高級料理の隠し味などに用いられるなど高級感のある醤油となっています

再仕込み醤油

別名を甘露醤油とも言われ、醤油の醸造過程を2度行うことからこう呼ばれています。たまり醤油よりもどろりとしており、風味も濃いことが特徴です。また、価格も高価なことから刺身用等の卓上で使用されることの多い醤油です
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE