ホタテの卸元の通販サイト

ホタテ貝の栄養

ホタテ貝は、タウリンを豊富に含んでいます。 タウリンは、血圧の正常化や動脈硬化の予防、そしてコレステロール値の低下、血糖上昇抑制のほか、 視力低下、神経性の疲労回復、目の疲れからくる頭痛やめまい、肩こりを予防、改善する効果があるといわれています。 ホタテ貝は、高タンパクで低カロリー、ミネラル、ビタミンも豊富でダイエットにもおすすめの食材となっています。 また、ホタテ貝柱の中には、うまみの素とされているグルタミン酸・イノシン酸・コハク酸などがたっぷり含まれていますので美味しいのです。タウリンは魚介類に多く含まれるアミノ酸の一種で、牛肉や豚肉などの肉類には低い値でしか含まれていません。 タウリンの主な生理作用として
  • 肝臓の解毒機能を強化させる
  • 血液中のコレステロールを減少
  • 視力の回復効果
  • 胆石症を予防する
  • 血圧を下げる
  • 糖尿病の予防効果
タウリンには、さまざまな効果があるといわれています。タウリンは、血圧やコレステロールや血糖値が高かったり、肝臓が疲れているなど、身体がむくむ、息切れするといった健康上の不安を抱えている方におすすめですタウリンは、人間の体内では、筋肉、脳、眼の網膜、心臓や肝臓などの臓器などに高い濃度で含まれています。 そして、タウリンには、身体や細胞を正常な状態に戻そうとする作用(ホメオスタシス)があります。 例えば、血圧が高いと下げ、肝臓の働きが鈍っていると高めるというような効果です肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがあり、 タウリンによって胆汁酸の分泌が増えると、血液中のコレステロール値も下がる傾向がありますラットに高コレステロールのエサを与えると、血液中のコレステロール値が上昇していきますが、 エサの中に1%のタウリンを混ぜて与えると、コレステロールの増加が抑えられるという結果もあります。 そして、タウリンにはインスリン(インシュリン)の分泌を促す作用もあり、糖尿病の予防によいとされています

タウリンは脂肪肝を良くする

若い人たちの間で増えつつある脂肪肝は、肝臓に脂肪が溜まって、 動脈硬化を始めとするさまざまな生活習慣病を引き起こす、極めて危険な症状とされています。※脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪がたまった状態で、肝臓の肥満症です。牡蠣やホタテに含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出して、脂肪肝を良くする働きがあると言われています
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE