ホタテの卸元の通販サイト

ホタテの貝殻は2枚貝です

ホタテ貝の2枚の貝は平たい側と、膨らんでいる側があります。ホタテ貝の平たい方を下にして貝殻の隙間から貝柱の下にヘラを差し込んで下さい

ウロ(中腸線)は食べることができません

貝の隙間にヘラを差し込んだら、貝殻に沿うようにヘラを動かして貝柱をはがします。ここで使用するヘラが無ければ、ナイフなどで代用してもいいでしょう

さまざまなお料理にご活用下さい。

片側の貝殻を開けてはずし、同じ要領で、もう片方の貝殻からも貝の身をはがしてください。ウロと呼ばれている黒い部分は食べられませんので、貝柱を抑えながらまわりのホタテヒモ、白子、貝柱以外は外して捨ててください。 貝柱を指で抑えながら引っ張れば指で簡単に外せます

ホタテ貝の各部名称

【ホタテ貝柱】閉殻筋

ホタテ貝柱は貝殻を閉じる閉殻筋のことをいいます。 ホタテ貝が貝殻を開閉し海中を移動できるのは、この巨大な貝柱があるおかげです 貝柱の側面には貝の開閉運動を補足する小柱というものがあります

【ウロ】中腸腺 ※ウロは食べずに捨ててください。

ウロは胃・肝臓の役目を果たしています。 ホタテ貝が餌としているプランクトンによって毒化した場合、この部分に特異的に貝毒が蓄積されます。 このウロと呼ばれている中腸腺を食べない限り人体には全く影響がありません

【ホタテヒモ】

ホタテのヒモには、貝殻を作る貝殻分泌突起や触手、人間でいうところの目の役割をしています

【生殖巣 別名ホタテの白子】精巣・卵巣

貝柱の片側にあり、雄の精巣は白、雌の卵巣は赤く色が付いているので、肉眼で雄・雌の区別ができます。ホタテの食用として食べる部分 ホタテ貝柱、ホタテヒモ、ホタテの白子の3箇所です。 ホタテが成長をする中で、ウロと呼ばれる黒い部分に誤って取りいれた毒素をため込んでいる個体がありますので、ウロは必ず外して食べないでください
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE