貝付ホタテを通販でお取り寄せ

猿払村では、日本の人口減少の中でも人口が増えています。 一昔前では人口が減っていた猿払村ですが、ホタテの町として復活した今では人口が増えているのです。 それは、働き盛りの20歳から35歳くらいまでの働き盛りが増えている村は全国的に見ても珍しいことです。 猿払村のホタテの水揚げが本格化して村や漁師の経済状態が向上したため、若者たちのUターン現象を呼び起こしたと言われています

オホーツク海でホタテが一番水揚げされている佐呂間町

北海道内最大のサロマ湖がある佐呂間町で水揚げされるホタテは、身が引締まって食感がよく、海の香りがしてほのかに甘みがあり、安定した生産量と高い品質となっています北海道ホタテ養殖発祥の地はこのサロマ湖産のホタテなんです。 サロマ産のホタテは粒が大きくお刺身などの生食用として、貝付ホタテ・ホタテ貝柱のみの両方を出荷していますが、 各加工場にて干貝柱、その他の地域では行っていないに薫油漬けなどに加工され、世界各地に出荷されています。 サロマ産は、サロマ湖内で養殖されたホタテとオホーツク海の海で育てられたホタテの2種類があります

安定した水揚げの噴火湾ホタテ

北海道の南西の噴火湾は、円形の大きな湾となっていて八雲町、長万部町、豊浦町、洞爺湖町、森町、伊達市、室蘭市が面している内浦湾です。噴火湾という名称は、駒ケ岳や有珠山などの火山に囲まれている為名付けられたようです。 内浦湾は、荒波が来なく漁がしやすいため、安定的なホタテ養殖の産地となっています。 北海道噴火湾の栄養豊富な海で育ったホタテは、貝柱が大きくて、とても肉厚の天然ホタテが育っています。 噴火湾産の養殖方法は耳釣りと呼ばれ、ホタテ貝に砂が入りません。よって、貝からの砂出しが不要で調理が簡単なんです

日本海の荒波で育った寿都ホタテ

寿都湾のホタテ養殖業は、噴火湾で行われている垂下式養殖で育てられ、カゴの稚貝を十数個いれてロープに吊るし2~3年養殖して生産しています
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE