ホタテ サロマ湖

ホタテの殻の外し方

ホタテの殻を剥くのは簡単です。 ホタテの貝殻がしっかり閉じているのは、中にある貝柱と貝殻がつながっているからなのです。 殻むきをするときは、このつながっている「貝柱と貝殻を切り離す」ことで簡単にパカッと開いてくれます ホタテの貝殻は2枚ありますが、実はその2枚は同じ形ではありません。ひとつは深さがあり丸みを帯びていますが、もうひとつは平らになっています。まずは、平らなほうを下にして手にもってみてください下の貝殻(平らな貝殻)にそってナイフを差し込みます。 ご家庭では洋食用ナイフが作業しやすいですが、一般的な包丁でも十分対応できます。 小刻みにナイフを動かし、貝の真ん中にある「貝柱と貝殻のつながっている部分」を切り離してください。 すると簡単に貝殻と貝柱がはずれます次に、残ったもう片方の貝殻を下にして持ちます。 黒い部分がありますが、これはウロといい、ホタテの食べれない部分になりますので取り除いてください片貝になったホタテを、先ほどと同じように貝柱と貝殻の間にナイフを差し込み貝柱を貝殻から切り離しますどうですか?簡単でしょう。これで、全て食べられる状態になりました!貝柱と貝ひもを分けて調理する場合、貝ひものヌメリは塩もみして水洗いするか、湯通しすることでも取れます。 そのままお刺身にしても美味しいですが、バターと一緒に焼いても美味しいですし、鍋やおでんのタレと一緒に煮るとホタテのダシが効いて美味しいですよ

業務用 生冷凍貝柱

業務用で多く流通している冷凍ホタテ貝柱をもどす場合、冷蔵庫に移し、半日ほどかけてゆっくりと解凍してください。 解凍を急ぐなら、ポリ袋に入れて口をしっかり閉じ、流水にあてる方法などもありますが、自然解凍がベストです。 急ぐ時に真水に浸すのはNGです。水っぽくなるので、塩水にしてください
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE