日高昆布 卸

井寒台浜産の日高昆布は最高級の品質を誇る

しかし、井寒台浜産の日高昆布は最高級の品質を誇り、良い出汁が取れるということで重宝されています。井寒台浜産以外の日高昆布が出汁取り用に全く向かないかと言われればそうではありません

おでんや煮物、出汁用と様々使える優れもの

おでんや煮物等で一緒に炊き込むことで、出汁用と具材用の両方として使える優れた昆布になります。これは厚みがあり柔らかく、火が通りやすい、しかし煮崩れはしないという性質からですね。お正月の巻き昆布料理にも日高昆布が使われています。他にも、甘辛煮等の味の濃い料理には存在感が消えず昆布としての役目をしっかりと保ってくれるでしょう。出汁を取った後のガラも醤油、みりん等で煮詰めて昆布の佃煮にすることも可能です。すなわち、日高昆布は食用に最適な万能昆布です。

卸売業者とは?

卸売りとは生産者または市場から買付けを行い、小売業者等消費者への販売を行う業態です。

生産者やメーカーよりも商品に詳しい

卸売業者はある商品が生産されてから消費されるまでの流通過程を知っている重要な位置を占めています。生産者側からは商品スペックや開発経緯などを、消費者側からはニーズ等の消費動向を掴むことができます。生産者と消費者は互いの事情を深くは知り得ませんから、中間に位置する卸売業者は両者の知識を得たプロフェッショナルです。

卸売業者を利用するメリットとデメリット

近年、個人単位で生産者から商品を購入するという方法が拡大しつつあります。これは、消費者は安く欲しいものが入手でき、生産者は利益の拡大が見込めるということで、双方に利益が生じるために現在の大きな流れとなっています。その流れから読者様のなかには個人的に仕入れを始めようと思っている方もいると思います。しかし、卸売業者を活用することの利点を紹介します。
  • 1 商品の詳しい説明を受けることができる
  • 2 小口から大口まで対応をしてもらえる
  • 3 在庫切れが無い
  • 4 店舗や作業場に納品してもらえる
  • 5 支払が楽
等、実際に列挙すると案外多いですね。デメリットは多少の費用が発生するくらいでしょうか。私はやはり、商品に対する知識が豊富でアドバイスをもらいやすいことが最大のメリットであると考えます。実際に消費している方からの意見等も勿論聞いているでしょうから、消費者としての立場での相談にも有益な答えをもらえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか、昆布についてのお悩みは解決できましたか?出汁取りから食用まで幅広く使える昆布ですが、「とりあえず日高昆布」と考えていた方は少し選択肢が広がったのではないでしょうか。一言に日高昆布を取り上げても等級が細分化されているためある程度の試行錯誤が必要と思われます。仕入れ先についても、小口から大口まで発注可能で、オーナー様のご要望を相談できるようなところが良いですね。事業の成功のためにもぜひ自分にあった昆布選びと卸売業者と巡り合えるよう願っております
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE