マゾイ 卸

マゾイの大きさは30cm~45cm程で、体系を全体的にみると体に対してヒレや頭部が大きいのが特徴です。

体の色

体色は暗灰色や暗茶色の肌に黒っぽい小さな斑紋の不確定な数が無数にみられます。そして小斑紋は背鰭の下方から広がっています。生活環境によって色や模様もかなりの違いがあるようです。頭の背側や鰓蓋には多数のトゲがあります。調理する時には気を付けましょう。

マゾイの漁獲方法

マゾイの漁法は、刺し網や定置網、そして底建て網などで漁獲されています。一年を通して市場には出荷されていますが、漁獲の旬は春から初夏にかけてと、秋から初冬にかけてのピークがあります。この時期のマゾイの卸は良い時期です。晩秋から冬にかけてのマゾイのメスは、お腹に子を持っていることもあり食するのにおいしい時期だとも言えます。

タヌキメバルとよく似ている

マゾイはタヌキメバルとも生息場所が同じようなところから漁獲されます。見た目もよく似ていて見分け方としては、尾ビレの後縁にくっきりとした白色帯がないのがマゾイです。
最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE